1. 顧客開拓のキーポイント
  2. グリーティングに使う

顧客開拓のキーポイント

グリーティングに使う


企業にとって、季節のあいさつというのはなかなかに重要なものです。
年初のあいさつであれば畏まったものをと考える企業は多いでしょうが、暑中見舞いやお中元などであれば、遊び心を加えた、印象深いものにすることが可能なのではないでしょうか。
型にはまったものでは相手に印象づけることは難しいので、ひと手間加えることがお勧めです。
また、「印象」を残すことは宣伝にもなるので、より大きな受注につなげたい、新規開拓を進めたいと考えている企業は、季節ごとのグリーティングに工夫を凝らすことをお勧めします。

「印象に残る贈りもの」をテーマとしたグリーティング専門の業者が出てくるなど、「相手に覚えてもらう」ための贈りものや挨拶状はいまや営業戦略のひとつだと言うことができるでしょう。
定型的な挨拶状と違って「気遣い」を含んだ挨拶状や贈りものは、意外と相手の印象に残るものなのです。
ですから、既存のメッセージカードやハガキを利用するのもいいでしょうが、どうせなら、より印象に残るだろうカードやパッケージを製作してみてはいかがでしょうか。

そうしたものを作る際に大切なのが、デザインです。
企業ではポスターやパンフレットなどを作る際に外部にデザインを任せることが多いでしょうが、その際に大切なこととして「多くの人に受け入れられるデザイン」を考え発注しているのではないでしょうか。
ですが、不特定多数へと配る訳ではないグリーティングの場合、上にも書いたように「印象づける」ことが大切なのです。

ですから、デザインだけでなく使用するイラストについても外部へ発注することをお勧めします。
イラスト制作を依頼する場合には、「エーステクノロジー」のように、さまざまなタッチに対応できるイラストレーターを揃えている企業を利用することが大切ですし、どういった気遣いや想いを込めたいのか、どんなグリーティングに加工したいのかといったことをしっかり伝えることが重要です。